CPマーク 
共通標章(CPマーク)  
 CP部品とは、平成14年11月、住宅等の建物設備の物理的な強度を高めることで侵入窃盗等の被害防止を図るため、警察庁等関係省庁及び建物部品に関連した民間団体による「防犯性能の高い建物部品の開発・普及に関する官民合同会議」が設置されました。
 官民合同会議では、平成15年10月から建物部品の防犯性能試験を実施し、性能試験に合格した製品を「防犯性能の高い建物部品目録」に掲載し公表します。認定された製品(ドア・ガラス・サッシ・錠・シャッター・ウィンドウフィルム等)は共通標章が表示されます。
 
 
 防犯性能の高い建物部品の効果 
   防犯建物部品は侵入抵抗性が高く、防犯効果は高まりますが、絶対に破壊、侵入さないことを保証するものではありません。
 
 防犯性能の高い建物部品に関する問合せ先  
   ○ 板硝子協会             ・・・・・  防犯ガラス等に関すること
   ○ 日本ウィンドウ・フィルム工業会 ・・・・・  ウィンドウ・フィルムに関すること
   ○ (一社)日本サッシ協会      ・・・・・ ドアA種、サッシ、雨戸等に関すること
   ○ (一社)日本シャッター・ドア協会 ・・・・・ ドアB種、シャッター等に関すること
   ○ 日本ロック工業会         ・・・・・ 錠前・シリンダー等に関すること
TOPページ 
問い合わせ
〒100-8929
東京都千代田区霞が関2-1-1 警視庁内
公益財団法人 東京防犯協会連合会
Tel 03-3581-0079  mail 
boren@mist.ocn.ne.jp